【アフィリエイト】独自ドメインと無料ブログサービス

■かせげるのは独自ドメインと推測

私の周囲の本格的なアフィリエイターは無料ブログサービスを卒業して、独自ドメインに移行する人ばかり。ということは、かせげるアフィリエイトサイトは独自ドメインで作られたホームページであることが望ましいのではないかと推測できます。独自ドメインでかせぐとなると、自分自身でHTMLやCSSといったような、ちょっとしたプログラミングができることが必須になってきます。なぜなら、

1・イメージ戦略(ホームページの見た目が読み手の信用を得られるか)
2・美しいコーディング(グーグルに高い評価を受けるプログラミング)

が必要だからです。

逆に言えば、よい記事をたくさん書いても「イメージ戦略」と「美しいコーディング」が抜け落ちていると、なかなかかせげるサイトにならないということになります。


■美しいコーディングのテンプレート(型わく)は買うことができます。

独自ドメインを取得しても上記のプログラミング要素に自分自身で取り組めない場合、SEO最適化(グーグルにすごく好かれる)サイトを作るためのテンプレート(型わく)ソフトも販売されています。値段は10万円以上。私の推測としては、てっとりばやく検索順位をあげたり、閲覧者(見に来てくれるひと)を増やしたい場合は、最終的には「お金」か「時間」がかかると感じます。お金でSEOに強いテンプレートを買うか、時間をかけて自分でHTMLやCSSの美しいプログラムを組めるようになるかの二択になるのではないかと感じています。(被リンク対策は別件。これは、サイト構築時の話です。)


■無料ブログサービスには限界を感じた

無料ブログサービスを賃貸マンション物件と考えると、独自ドメインは持ち家一戸建てに近い状態かと推測。(実際にはレンタルサーバーなので持ち家ではないですが、評価の違いについて書くため例えです。)ネット社会でも「持ち家一戸建て」のほうが評価が高くなりやすいと推測されます。また無料ブログサービスは経営状態によっては、それまで実施していた便利なサービスが有料に変更されたり、トップページに広告が出ないサービスを選んだのに急に画面の大部分をブログ会社の広告で占領されたり、「ながらく更新してない」「内容が不適切」など、ざっくりした理由でブログ自体が削除される場合も。私自身はこれらのいくつかの経験をしたことで、無料ブログサービスに限界を感じて、内容ごとに独自ドメインを取ってブログを引越しさせました。私の今現在の体験から言うと、独自ドメインのほうがアフィリエイトでかせげる印象を受けています。